消費者金融を完全比較-キャッシング新時代

お勧めの人気商品を毎月更新

時代の流れによって次々と改善されていく消費者金融。融資審査のスピード、金利条件、ATM台数などの利便性、借入後の会員サービスなど、消費者金融は新しい局面を迎えています。当サイトでは、安心して借り入れできる融資商品に採点を加え、人気順にランキング形式で紹介します。

はじめての方に♪【アコム】

 4.7%~18.0%
 500万円
はじめての消費者金融詳しくはこちらから
18/20点
消費者金融大手といえばアコム。最も利用者が多いと言われている老舗中の老舗。お申込から審査・融資までオペレーターが親切丁寧に案内してくれますので、はじめてご利用の方でも安心してお申込頂けます。キャッシング初心者にオススメ!

素早い審査 頼れるキャッシング 【モビット】

 4.8%~18.0%
 500万円
消費者金融の人気キャッシング商品情報詳しくはこちらから
18/20点
申込~利用までワンストップ対応。PCからWEB完結。申し込み審査や振込スピードが早いと評判。全国の提携ATMで利用可能。カードローンの入会金・年会費などは永年無料。
入会後に受けられる、PC、ケータイ、電話からのサービスも充実。一押しのキャッシング!

SMBCコンシューマーファイナンス【プロミス】

 6.3%~17.8%
 1~300万円
消費者金融審査で比較詳しくはこちらから
17/20点
老舗の消費者金融プロミス。審査の時間はもちろん、融資までの対応が非常に迅速。お急ぎの方には”頼れるキャッシング”。
30日間無利息サービス(プロミスポイントサービスにお申込された方が対象)実施中!今なら利息0円♪

ご利用は計画的ですか?

無理のない返済計画を立てるためには、収入と支出をしっかり把握しておくことが大切です。
当たり前のようですが、ここを勘違いしてしまうと、あとで借金で借金を穴埋めするという、
多重スパイラルに陥ってしまう可能性があります。

まずは『見込み収入』。
毎月給料をもらっている方は、『固定給=月収』と見込んでおくと安全です。残業手当やボーナスなどの収入は、なるべくなら見込み収入に参入せずに、不意の支出などに備えましょう。

次に『固定支出』。
ライフワークに欠かせない毎月の出費は必要な経費ですから、しっかりその額を認識しておきましょう。家賃、食費、光熱費、電話代、保険代、車のローンがある場合は、それも固定支出です。

見込み収入から固定支出を差し引いた額が『可処分所得』となります。
レジャーやショッピング、貯蓄など、『自由に使えるお金』が毎月どのくらいあるかによって、借金をした場合の毎月返済額の上限を決めることが大切です。

借金を劇的に減らす返済技術

返済計画では、見込み収入=固定給として借り入れすることをお薦めしました。
ここでは、残業手当やボーナスなどの臨時的、あるいは定期的な収入を返済計画の一部に組み入れる方法をお伝えしましょう。

それには、『毎月の返済額の内訳』を知っておく必要があります。
毎月返済額は概ね定額制が採用されていますが、その内訳は【利息+元金】、つまり、
【元金充当額=定額分-残金分の利息】となっているのです。
ですから、返済当初の定額支払い分は、そのほとんどが残金の利息に充当されてしまいます。

そこで登場するのが『繰り上げ返済』。
毎月定額以上のお金を返済することを繰り上げ返済といいます。定額以上の返済金については、全額が元金に充当されますから、借入残金額が減っていく割合が加速的に早くなるのです。
残業代やボーナスは『繰り上げ返済』として計画すれば、余裕があるときには返済に回し、
やりくりがギリギリの時は生活費に充てることができますね。
その結果、返済プラン全体に余裕を持つことができるのです。

Copyright 消費者金融@比較ランキング 2007-2014 All Rights Reserved.